住宅ローンフラット35の審査は甘い?

住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただフラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事は一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査は大変厳しく行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
審査に通れば、契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
だいたい、安くても数十万〜数百万単位の現金が必要となるでしょう。
住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えを考えている方も多いでしょう。
借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。
借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。
ですが、借り換えは誰でもメリットがある訳ではありません。
なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。
無料で借り換えOKという所はほとんどありません。
借り換えを考えている時はそういった事も含め住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。
住信SBIネット銀行の住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。
例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。
金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、ネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。
ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。

フラット35審査厳しい